チョイスとOriginal Stitchを比較してみた!

オーダーメイドシャツのチョイス

オーダーメイドシャツのチョイス(CHOiCE)とOriginal Stitchを比較してみました!

今回記事を作成するに当たり、チョイスというオーダーワイシャツサイトを初めて知りました。

読者の方から比較をしてほしいということでしたので、さまざまな面からこの2つの類似サイトを比較してみます。

CHOiCE公式

OriginalStitch公式

各サイトの特徴

チョイス

オーダーメイドシャツのチョイス

  • 価格は4980円固定。
  • 1回であれば無料交換可能
  • 3Dモデリング
  • 全国一律540円,2枚以上無料
  • 生地数30程↓下記参照
  • 襟の形6つ・袖の形7つ
  • ボタンは8種類くらい

※2016年6月現在、生地の数は減っていて9種類だけになっていました。おそらく時期的なものだと思うのですが、時によってバリエーション数が少ないときもあるようです。

CHOiCEの生地種類

Original Stitch

ログインした後の画面

  • 価格は初回5000円台~。定価は8000円~
  • 30日間無料交換可能
  • 送料は全国・世界どこでも無料
  • 生地数300以上
  • 襟の形は12つ・袖6つ
  • ボタンは17種類・裏地や細かい生地指定が可能

価格

価格はチョイスの4980円に軍配が上がりますね。

CHOiCE価格

Original Stitchでは、初回価格も5000円台からになってしまいます。

5000円以下でこの自由度のオーダーシャツが作れるのは驚きです。この値段だと既成シャツメーカーである鎌倉シャツとほぼ変わらないですしね。

あとは送料についてですが、CHOiCEが2着購入することで無料、Original Stitchは以前は送料無料だったのですが、今は4ドルかかることになっています。これは日本全国だけでなくて、海外発送も4ドルで大丈夫ということですね。OriginalStitchはどちらかというとグローバルなビジネス展開をしているようです。

品質

これは若干比較しにくい部分です。

というのも、チョイスは生地や縫製をどこで行っているか明記されていないからです。

生地の値段としては9000~12000円相当の生地を使っているようなので、この価格だとセレクトショップオリジナルのシャツの価格帯と一緒ですね。

CHOiCE価格

実際に作った方の口コミを見てみると「生地がかなり高級感がある」というレビューを見かけました。記事のさわり心地も、見た目もかなりいいもののようですから4980円は激安価格ですよね…。

仮に国内のセレクトショップ(アローズ・エディフィスなど)と同じ生地を使っているとしたらなかなかの品質だと思います。

あとはシャツ作成オプション(クレリックや刺繍)などを入れても値段が固定なのは嬉しいところですね。

対するOriginal Stitchは、生地の価格帯が7000円台~3万円台までいろいろあります。

気になる縫製については「工場が日本の長野」と明記されていますので、この点でOriginal Stitchは日本製ということで安心できると思います。

ということで、CHOiCEもOriginal Stitchも生地の質は安心できると思います。実際にオーダーしたものを着てみていますが、すでに1年くらい週3で着てもほつれやほころびがないので耐久性もかなりあると思います。(100番手生地)

オーダーの内容

チョイスとOriginal Stitchで選べる生地の数が全然違います。

10倍違っているわけですね。

でもここでチョイスが負けているとは思いません。

というのも、チョイスは日本人に好まれるオーソドックスな生地を厳選しているから。

数は少ないとしても、そこは問題にはならないと思います。

対するオリジナルスティッチの生地数は多いのですが数が多いと選びにくくなってしまう・・・ということはあると思います。生地の柄も欧米の方向けのものも多いですしね。

しかしいろいろな色を選べ、何よりもカラー(襟)や裏地などもかなり細かく指定できるのがOriginal Stitchの強みだと思います。

対するチョイスについては、デザインの選択肢がOriginal Stitchより少ないようです。実際に注文した方はこの点をデメリットとして挙げていますが、個人的にはチョイスも十分なデザインバリエーションがあると思うんですけどね。

Original Stitchとチョイスのオーダーシャツ対決まとめ

まとめとして、どちらが勝っているかはなかなか評価しづらいです。どちらもいいところがあり、弱点やデメリットといったものを感じないからです。

しいて言うなら、

「両方使ってみてください」

というところでしょうか(笑)

私としては、フルオーダーシャツがこの価格で着られるということが非常に驚きで多くの人にこの着心地を味わってほしいという気持ちがあります。

チョイスについてはオーダーしたことがないのですが、5000円固定でフルオーダーシャツが作れるのは大きな魅力です。

Original Stitchは私が使ってみてすごく良いサービスで、アフターサポートもしっかりしていますし、サイズが合わなかったときの対応が素晴らしかったというのも良かったところだと思います。

Original Stitchのほうは初回約2500円引き(その日の為替レートによって異なる)にもなるので、初心者がはじめてオーダーシャツを作るときには自信をもって勧められます。

今はネットで簡単にワイシャツのオーダーができるので、他の人と被らなくサイズがジャストのシャツで気持ちよく生活したいところですね!

無料でデザイン開始!

2015年冬の大人プレゼント!オーダーメイド引換券はどう?

2015年も年の瀬ですね!街はイルミネーションがキレイでクリスマスシーズンです。

この時期は皆「今年はどんなプレゼントがいいかな~」と考えているはず。

そこで「大人の男性にぴったり!オーダーメイドのプレゼント」をご提案いたします^^

オーダーシャツはプレゼントにも○

originalstitchgiftcard

このサイトではクリスマス以外にも通年のプレゼントとして「オーダーシャツ」はありだなと思っています。

でもどうやってプレゼントにしたらいいの?と思われますよね。

Original Stitchというオーダーメイドシャツ専門店では、シャツを作るときに使える「ギフトカード」を金額指定して送ることができます。

日本製のオーダーシャツ!Original Stitch公式サイトへ

しかし・・・Original Stitchの公式サイトにはギフトカードを送るページまでのリンクが、非常にわかり辛いのです。そこで・・・

Original Stitchで使えるギフトカードを送るにはこちらのリンクから

↑このリンクからギフトカードを送る画面まで直接行くことができます!

そしてメッセージと一緒に、「3000円初回割引クーポン」も渡せば完璧です!

ギフトカードとは別の割引クーポンは「B1YXN」です。

オーダーメイド革小物も男性心をくすぐる!

オーダーメイドシャツもいいのですが、個人的にはこの時期だったらオーダーメイド革小物がさらにオシャレなんじゃないかなと思っています。

世界でひとつだけのオリジナルギフトを贈りませんか?オーダーメイドで簡単に創れます

このJOGGOというサイトでは、オーダーメイドの革小物をプレゼント用にできます。

ギフトラッピングは無料でやメッセージカードサービスも100円で手軽です。

オーダーメイドできる革小物の種類は、財布や手帳カバー、ブックカバー等。

男性は一般的に「長く付き合える革小物」が大好きなんですよね。育てる悦びと表現したりもしますが(笑

相手の好きな色がわかっていたら、革の色をカスタムできるので差し色などにするのもオススメ。

ちなみに管理人もここのJOGGO財布

こんな素敵な色の財布があります。

自分でパーツごとに革の色を変えることができるので、好きなデザインにできるんですよね。

プレゼントとして自分の好きな色の入った革小物をプレゼントされたら、私だったらすごくうれしいですね~。プレゼントもらう側が嬉しくなります^^

オーダーは「あなた」しかできない!

今回取り上げた「シャツのオーダー」「革小物のオーダー」ですが、相手がおしゃれ好きな場合はきっとそのプレゼント選択のセンスに驚かれると思います。

既製品と違って、「自分だけの物」という特別感が出るので、それをプレゼントしたあなたは本当に特別になるんですよね。

やっぱり誰でも自分に注目してくれたり関心をもたれると嬉しいもの。

オーダメイドはそんな魅力があると思っています。

今回取り上げたサイトはこちら!

革製品のカスタムデザインJOGGO

シャツのオーダーは人生のオーダー【Original Stitch】

【Original Stitch】メンズドレスシャツの襟の形12種一覧

メンズシャツ襟の形

男性用シャツ襟の形

メンズシャツ襟の形

Original Stitchでは、12種類からシャツの襟の形を選ぶことができます。

この襟の形(カラー)によってシャツの印象がガラッと変わるので、
選び方に迷った時に参考に読んでいただければと思います。

レギュラー

eri10

クラシックな印象で、最もドレッシーに見えるカラーです。

一番基本の襟の形ですので、
正式な場では奇を狙わずレギュラーカラーにしましょう。

セミワイド

eri11

レギュラーとワイドスプレッドの間のカラーです。

ドレッシーに着ることができますが、
注意したいのは合わせるネクタイのノット(結び目)の大きさです。

ワイドスプレッド

eri12

襟の開き方が大きいタイプです。

ノーネクタイでも合うカラーですが、
ネクタイを締めるとしたらノットの形に注意しましょう。

ワイドノットと相性がいい襟の形です。

カッタウェイ

カッタウェイ

ワイドスプレッドよりも襟が開いた形です。

やはりネクタイのノットはワイドノットが合うと思います。

ラウンド大丸

ラウンドカラー

ラウンドカラーは一般のメンズファッションのショップでもなかなか取り扱いがありません。

個人的にはオーソドックスに見えるのに少し柔らか味があって好きなカラーです。

レギュラーカラーと同じように使えます。イギリス発祥の襟の形です。
ショップで見ない分探している方にはおすすめです。

スタンド

スタンドカラー

こちらはネクタイがしめられないシャツです。

カジュアルにも使うことができますが、
スーツスタイルにノータイでしっかり合わせてもカッコイイと思います。

でもビジネスで使えるモデルではないのでご注意!

ボタンダウン

ボタンダウンカラー

ユニクロでワイシャツを買うとこのボタンダウンのことが多いです。

ボタンダウンはカジュアルなシャツなので、ビジネスには向かないです。

ビジネスで使っている人は知らないで使っているか、
もしくはおしゃれ上級者で「ハズし」として使っているパターンがあります。

ドレッシーに着るのであれば、スーツと革靴でシメてボタンダウンでハズすという形でしょうか。

イタリアのスナップ写真なんかでもイタリア男がうまく合わせているので参考になります。

ドゥエボットーニ

ドゥエボットーニカラー

ボタンが2つあるタイプのシャツです。

ツープライススーツショップなんかで、3つ位ボタンがあるシャツが売っていますが
ドゥエボットーニは本来2つボタンです。

襟が高くなるのでボリュームが出ますが、
本当におしゃれな人は使っていないシャツの形です。

若い人が目立つシャツとして購入しているイメージでしょうか。

おとなしくレギュラーを使っていたほうがおしゃれだと思います・・・。

ショートポイント

ショートポイントカラー

襟が小さ目な襟の形です。

襟羽根が小さい時に注意しなければいけないのはネクタイの選択です。

なるべく細いネクタイにして、ノットを小さくしてください。

レギュラーなネクタイだとノットが大きすぎてカラーに収まりきらずかっこ悪いです。

ショートボタンダウン

ショートボタンダウンカラー

これは完全にカジュアルですね。

ボタンダウンがカジュアルで、ショートポイントがナロー系のタイしか合わないことを考えるとカジュアルで少しかっちり目にしたい時に合うと思います。

大丸ボタンダウン

ボタンダウンラウンドカラー

ラウンドカラーのボタンダウン、これ着ている人見たことないです。

ということは他の人のシャツと明らかに差がつけられます。

でもボタンダウンは何度も書きますがカジュアルな襟の形なので、
ビジネスにはちょっと奇抜かもしれません。

襟の形一つで奇抜になってしまうシャツは奥が深いと思います。

ピンホール

ピンホールカラー

ピンホールはネクタイのノットを持ち上げる効果があったり、
ノットをコンパクトにまとめる効果があります。

使っている人は多くありませんが、ドレッシーなのでおしゃれに見えます。

ラウンドカラーと同じく一般店や量販店ではほぼ見かけません。

ツープライスショップでも数は少ないですよね。

そんな点で希少価値があるのでオススメな形です。

襟の形まとめ

OriginalStitchlogo

Original Stitchで購入できる襟の形は12種類。

襟の形一つでここまでシャツの印象が変わってしまうんですね。

選ぶときのポイントは、顔の形や首の太さや長さによって自分に合う襟の形を見きわめることです。

あとはビジネスで正式な形で着るのかやある程度崩して着てもいいのかにもよりますね。

ぜひお気に入りのカラーを見つけてみてください!

メールアドレスだけで簡単!オーダーシャツを無料でデザインしてみる!

無料でデザイン開始!

Original Stitchのリピート率が高い理由を考察してみた

Original Stitchはいつも興味深い会員メールを送ってきてくれます!

そのメールから、今オーダーシャツが人気な理由、
そしてOriginal Stitchのリピート率が高い理由を考察してみました。

サービスの発祥が海外である

アメリカカラー

日本のウェブサービスも良いものが多いと思いますが、
やはり海外からインポートされたサービスは独特であることが多いと思います。

考えてみると多くの必要不可欠なサイト、
Google、Yahoo、Facebook、Twitterなどはアメリカで開発されているんですよね。

これらのサービスはすべてリピート率が高くて、
さらに新たなユーザーも入ってきている大人気なサービスです。

OriginalStitchもそんなアメリカから輸入されて日本でサービスが展開されています。

アメリカのIT産業の中心地、シリコンバレーというところが発信地となっています。

海外の人が利用するので、対象も日本人よりももっと広いものになっています。

しかし、日本人にも非常に利用しやすくなっているのが特徴です。

サポートやアフターフォローが素敵

24時間体制サポート

2015年の夏から、OriginalStitchでは問い合わせを24時間体制で行っています。

こういうウェブサービスの24時間体制というのは、
海外発信のサービスではデフォルトになってきています。

私も仕事柄アメリカのウェブサービスを使っていますが、
そのサービスも24時間サポートを行っています。

やはり顧客が24時間依頼する環境があるWebサービスでは
24時間のサポート体制は強い味方と言えると思います。

リピーターが増えているのも、丁寧なサポートが関係していると言えますね。

品質が日本製。まさにMade in japan!

オリジナルスティッチのシャツは日本は長野県で製造されています。

ここから海外にも無料で発送してもらえるという太っ腹ぶり。

私は海外に住んでいるのですが、
やはり日本人の気質で異なっているのは丁寧さやまじめさです。

もちろんシャツ作成にもその丁寧さが表れていると思います。

生地についてはおそらくインポートものを使っていると思うのですが、
シャツの縫製については日本国内で行われています。

このようなポイントを考えると、
ハイクラスなお客さんが1度買って質に満足して

リピート購入をするという流れになるというのも納得ですよね。

Original Stitchはリピーター率

Original Stitch リピート

 

オーダーシャツの魅力

オーダーシャツの魅力は、1度自分に合うサイズを仕立ててしまえば、2回目の仕立てが非常に楽になるところです。

サイズがもう決まっているのであとはデザインだけ、

もしくはディティールの調整をするくらいで済むわけです。

まだ初めていなければ、便利でおしゃれなオーダーシャツ生活、始めてみませんか?

Original Stitchの返品が斬新!採寸ミスオーダーも安心?

Original Stitch 配送

OriginalStitchはネットでオーダーできるところが便利ですが、

採寸が面倒!もし合わなかったらどうなるの?

という利用者の声があると思います。

今回は、私自身がOriginal Stitchで作ったシャツのサイズが合わなかったので問い合わせてみました。

公式サイトに「30日間無料返品」という場所がある

もし到着したシャツのサイズが合わなかったら少し残念です。

でも採寸ミスというだけではなくて、シャツとのフィーリングもあると思います(笑

もちろん日本製のシャツなので、縫製などは問題ないと思いますが
サイズについて問題があった場合はこんな感じで返品処理が行われます。

洗うと縮む

私の場合は首回りが大きかったので、問い合わせてみました。

Original Stitch返品
新品のシャツは少し大きく作ってある場合があるので、
一回洗ってみてほしいとのこと。

オーダーシャツ返品洗っても縮まなかったので、連絡したところ交換可能のメールが。

しかしこれが驚き。

まぁ確かにオーダーメイドしたものを返品するっていうのが難しいと思うのですが、
元のサイズの合っていないほうは送り返したり返金が必要ないという・・・!

お直しというよりかは、サイズを合わせてもう1着新調という感じですね。

なんという太っ腹なOriginal Stitch。

返品のまとめ

担当の方とメールしていて感じたのが、
とにかくサポートが丁寧ということ。

ネットで物を販売したりメールでやり取りしていると
扱いがぞんざいな時がありますが

オリジナルスティッチについてはスタッフ教育がいいのか
顧客対応の面で非常に好印象をもちました。

そして無事に新しいシャツも配送され、
着心地の良いオーダーシャツライフを送れています。

Original Stitch 配送

こんな感じで安心して使えるのもOriginal Stitchの評価の高いところだと思います。

まだ使っていない人がいたらぜひ使ってみてほしい!というのがホンネです。

メールアドレスだけで簡単!オーダーシャツを無料でデザインしてみる!

無料でデザイン開始!— 毎日着るからこそこだわりたい。本物がわかるあなたに —【Original Stitch】