白シャツをオーダーメイドする時に気を付けたい3つの点

白シャツ、それは紳士が身につけることのできるもっともオーソドックスなシャツです。

白いワイシャツをオーダーしたい時に、気を付けたい点を考えてみました。

1.生地はしっかり選んで!

一つ目は、生地選びに注意することです。

もし綿100%で作るとしても、生地には「番手」という質を表す単位があります。

一般的なシャツですと、「80番手」などと言われます。

高級なシャツになると、「150番手」などといい、
数字が大きくなるほど値段が高くなります。

番手とは、生地を構成する糸の細さです。

数字が大きくなるほど糸が細くなり、着心地が柔らかくなります。

では番手が大きくなって糸が細くなるとデメリットはあるのでしょうか?

デメリットは、しわが付きやすくなることです。

やわらかい着心地になりますが、お手入れが少し大変になってしまうわけですね。

シャツをオーダーするときには、白シャツの柄だけでなく「番手」も見てみましょう!

2.サイズは若干ほそ目で!

ご存知のように、「白」は「膨張色」です。

それで、白シャツをオーダーしたい時にはサイズにちょっとこだわってみましょう。

膨張色ということは大きく見えてしまいますので、
オーダーするときのサイズは普段よりも若干ほそ目にするのがコツ。

でもピッタリすぎるとちょっとぽっちゃり目の人は太って見えてしまうかもしれません。

そうならないように絶妙な塩梅が必要ですが・・・

例えば少し肉付きの良い方は、
真っ白なドレスシャツよりもストライプ系を着てみるといいかもしれません。

しかしここでは白シャツを取り上げていますので、
若干ほそ目に仕上げることをイメージしておいていただければおしゃれに見えると思います。

3.着る予定のスーツの大きさを一緒に考える

3つ目に重要なところは、ふだん着ているスーツやジャケットに合わせることです。

白シャツでなくてもそうなのですが、オーダーシャツのいいところは自分の体に合わせられるところです。

でも自分の体だけじゃなくて、普段使いしているスーツも忘れないで下さい。

ふだん着ている上着の袖の長さを良く測って、それから1.5cmくらいワイシャツの袖が出るようにするといいですね。

袖ばかりは体格だけでなく、もう一つジャケットのサイズもかかわってくるので採寸の中でも一番注意したいところです。

オーソドックスな白シャツほど奥が深い

白シャツは全部白シャツ?

いえいえ、今回考えたようにこだわれるところはいくらでもあるんです。

そういうちょっとしたところにこだわるかで、おしゃれかどうかが変わってくるんですよね。

今回の3つのポイントに注意して、
同僚の人からも「ちょっと周りの人と違うな」
と思われるさりげないホワイトシャツマスターになってみてください!

↓メールアドレスだけで簡単!普通とちょっと違う白シャツをデザインしてみる!↓

無料でデザイン開始!

コメントを残す